お知らせ・スタッフブログ

Nekobeeブログ10 猫の肥満について考えよう!ーその1:愛猫の肥満度チェックをしてみるー

Nekobeeブログ10 猫の肥満について考えよう!ーその1:愛猫の肥満度チェックをしてみるー

今回は猫の肥満について考える第一弾として、猫の理想体型基準について解説をしたいと思います。肥満になれば、脂肪肝、糖尿病、椎間板ヘルニアなど健康に害が出るリスクもより高くなります。愛猫が適正体型なのか、それとも肥満なのか、はたまた痩せ過ぎなのかを判断する基準を紹介します。

Nekobeeブログ10 猫の肥満について考えよう!ーその1:愛猫の肥満度チェックをしてみるー

今回は猫の肥満について考える第一弾として、猫の理想体型基準について解説をしたいと思います。肥満になれば、脂肪肝、糖尿病、椎間板ヘルニアなど健康に害が出るリスクもより高くなります。愛猫が適正体型なのか、それとも肥満なのか、はたまた痩せ過ぎなのかを判断する基準を紹介します。

Nekobeeブログ9 猫の医療費はどれくらいかかる?

Nekobeeブログ9 猫の医療費はどれくらいかかる?

ペットには公的医療保険制度がなく、自由診療になるため治療費は動物病院ごとに設定することができます。自由診療ということは、ペット保険に加入していないと、病院から請求された治療費が全額飼い主の負担となります。猫の医療費は傷病の内容によっては高額になることもあるのです。

Nekobeeブログ9 猫の医療費はどれくらいかかる?

ペットには公的医療保険制度がなく、自由診療になるため治療費は動物病院ごとに設定することができます。自由診療ということは、ペット保険に加入していないと、病院から請求された治療費が全額飼い主の負担となります。猫の医療費は傷病の内容によっては高額になることもあるのです。

Nekobeeブログ8 猫のペット保険加入者、年々増加中!

Nekobeeブログ8 猫のペット保険加入者、年々増加中!

ペットには人間の健康保険のような制度はないため、ペット保険に加入してない場合は医療費の100%が飼い主の負担となります。そんな中、近年ではペット保険を取り扱う会社も増え、ペット保険の種類も増えてきているようです。

Nekobeeブログ8 猫のペット保険加入者、年々増加中!

ペットには人間の健康保険のような制度はないため、ペット保険に加入してない場合は医療費の100%が飼い主の負担となります。そんな中、近年ではペット保険を取り扱う会社も増え、ペット保険の種類も増えてきているようです。

Nekobeeブログ7 知らないとマズイ?!猫の死亡原因(病気)は年齢によって違った!

Nekobeeブログ7 知らないとマズイ?!猫の死亡原因(病気)は年齢によって違った!

猫の死亡原因となる病気について、一概に決めることは簡単ではありません。年齢によってその原因は異なるからです。この記事では年齢によってどのような違いがあるのかを解説します。

Nekobeeブログ7 知らないとマズイ?!猫の死亡原因(病気)は年齢によって違った!

猫の死亡原因となる病気について、一概に決めることは簡単ではありません。年齢によってその原因は異なるからです。この記事では年齢によってどのような違いがあるのかを解説します。

Nekobeeブログ6 猫の平均寿命は何歳?人間で年齢換算すると??

Nekobeeブログ6 猫の平均寿命は何歳?人間で年齢換算すると??

全国犬猫飼育実態調査によると、猫の寿命は全体の傾向として伸びています。2010年時点では猫全体の平均年齢は14.36歳でしたが、2020年は15.45歳となっており、1歳以上平均が伸びています。寿命が長くなった背景には「飼育の質の向上」「動物医療の発達」「環境の改善」があると考えられています。

Nekobeeブログ6 猫の平均寿命は何歳?人間で年齢換算すると??

全国犬猫飼育実態調査によると、猫の寿命は全体の傾向として伸びています。2010年時点では猫全体の平均年齢は14.36歳でしたが、2020年は15.45歳となっており、1歳以上平均が伸びています。寿命が長くなった背景には「飼育の質の向上」「動物医療の発達」「環境の改善」があると考えられています。

Nekobeeブログ5 世界中のペット数(犬・猫)は何匹?日本はなんと〇〇〇〇万匹!

Nekobeeブログ5 世界中のペット数(犬・猫)は何匹?日本はなんと〇〇〇〇万匹!

日本では犬より猫の方が多く飼われていると推定されています。猫の飼育頭数は直近の5年間の傾向では横ばいにあるのに対し、犬は減少傾向にあります。

Nekobeeブログ5 世界中のペット数(犬・猫)は何匹?日本はなんと〇〇〇〇万匹!

日本では犬より猫の方が多く飼われていると推定されています。猫の飼育頭数は直近の5年間の傾向では横ばいにあるのに対し、犬は減少傾向にあります。